UEBA(UserandEntityBehaviorAnalytics)は、社内に存在する不正を高速で検知するためのシステムです。特徴的なのが、異常検知を行うために機械学習を利用するという点です。一般的にディープラーニングと呼ばれている技術で、これを使うことによってより高度な分析を行って行くことができます。分析された情報は可視化されますので、社内に存在している誰であってもその情報を閲覧できるようになります。

UEBA(UserandEntityBehaviorAnalytics)は内部不正に特化して提供されているサービスでなるため、何らかの問題があった場合にはその権限の変更や保護を強化することができる魅力が存在します。また、幅広い攻撃の検知に対して有効であるため複雑化しやすい不正の原因を非常に効率的に特定していくことが可能です。何よりも、機械学習を用いることによって誤検知のリスクを減らすことができるというメリットがある点が大きいです。セキュリティシステムの多くは正確性が高いとはいっても、完璧にそれを実行できるとは限りません。

間違った検知をしてしまうとデバイスの速度が遅くなってしまったり、悪影響を与える可能性も否定できなくなってしまいます。機械学習を用いているUEBA(UserandEntityBehaviorAnalytics)を利用すれば、こういった問題点を最小限にできます。社内ネットワークを守る意味でも、非常に重要な役割を持っているシステムです。