SWG(SecureWebGateway)のネットセキュリティで、SSL(SecureSocketsLayer)/TLS(TransportLayerSecurity)は、Webサイトやオンラインサービスの保護を確保するためのプロトコルです。SSL/TLSを導入する事でホームページやオンラインフォローに、接続きは接続する際の通信を暗号化し記録のやりとりを安全に行う事、が出来ます。SSL/TLSを利用する事で個人情報やクレジットカードアイデアなどの重要なヒントを、安全にやり取りする事ができます。アンチウイルスプログラムはコンピュータに、侵入したリスクプログラムやマルウェアなどの悪意のあるプログラムを検出し削除するソフトウェアです。

アンチウイルスアプリケーションは常に最近のの定義ファイルをダウンロードする事、で現行のの脅威にも対応する事が出来ます。アカウント鍵管理ツールは、SWG(SecureWebGateway)のネットセキュリティで、複数のWebサイトやオンラインケアのログイン知見を一元管理する事ができるツールです。パスワード管理ツールを活用する事で複数のホームページやオンライン支援に、ちがうアカウント鍵を設定する事ができセーフティを強化する事ができます。データ保存は、コンピュータやコンピューターワーク上のデータを定期的にバックアップする事、で万が一の際にも記録を復元する事ができるようにする安全性手段で、す。

SWG(SecureWebGateway)のネットセキュリティでデータ保存を定期的に行う事で、リスクプログラムやマルウェアに感染した場合でもデータの損失を、最小限に抑える事が出来ます。