XDR(ExtendedDetectionandResponse)は、サイバーセキュリティにおける新しいアプローチです。XDR(ExtendedDetectionandResponse)は、異なるセキュリティテクノロジーを統合し、総合的な脅威検知と対応を実現するために開発されました。伝統的なセキュリティアプローチでは、異なる脅威に対応するために複数の製品やツールを使用する必要があります。しかしそれらのツールは別々に動作し、相互に連携しないため、脅威の全体像を正確に把握することが難しくなりました。

これにより、脅威の検出や対応に時間がかかり、攻撃の影響が拡大する可能性がありました。XDR(ExtendedDetectionandResponse)は、異なるセキュリティテクノロジーを統合し、システム全体のセキュリティを総合的に監視・検知することができます。例えばエンドポイントやネットワーク、クラウドなどのセキュリティソリューションを統合し、全体像を把握することができます。これにより攻撃をより早期に検知し、迅速かつ正確な対応を実施することができるでしょう。

またAI(人工知能)や機械学習の技術を活用して、脅威の自動検出や脅威の分類、優先度付けを行うことができます。このためセキュリティアナリストの負担を軽減し、迅速な対応が可能になります。最近のセキュリティ分野における注目の技術の1つであり、企業や組織のセキュリティを強化するための重要なツールです。セキュリティに関する膨大な情報を収集・分析することが可能です。

これにより従来のセキュリティ分析よりも正確な結果が出るでしょう。ログやイベントとネットワークトラフィック、エンドポイントなどの情報を収集し、継続的に監視することができます。これにより脅威の検出率が向上し、異常なアクティビティを検知することができます。